© 専修学校 米子文化服装専門学校 All rights reserved.

取得可能な資格

201411/7

取得可能な資格

  • ファッションビジネス能力検定

ファッションビジネスは、繊維製品に新しいデザインが表現するスタイルや、
イメージなどの付加価値をつけて生産・流通させ、市場で生活者の感性に訴え、
共感を得てファッションを創りだし、成果を得る手段です。

またファッションビジネスは素材から企画、生産、販売から流通まで、高度で広範囲な
分野・領域の活動すべてをさします。この能力検定は、ファッション専門教育機関を
はじめ、大学・短大、或いはファッション企業き就職してから学んだ
「ファッションビジネス知識」や「ファッション造形知識」を正当に評価して、
取得した能力を「社会に証明」することを目的に実施するものです。

 

  • ファッション販売能力検定

アパレル企業や小売り企業では、お客様個々に心からの対応をし、
ニーズを満たす商品を適切にすすめるなど、お客様の満足を得ながら販売のできる人、
販売に関する専門的な知識・技術を持つ人を強く求めています。
そして、販売の経験を積み、確実な売り上げ実績を上げる能力をつけて販売スタッフの
中心となって活躍できる人材、さらには店長(ショップ・ディレクター)や
販売スペシャリストのセールス・マネージャーとして、
お店の運営や販売を任せる事ができる人材を切望しています。
この検定の目的は、それぞれが修得された知識や技術・能力を、
試験でレベルごとに評価し、「社会に証明」する事を目的としています。

 

  • パターンメイキング技術検定

ファッション教育機関で学ぶ学生が、ファッション企業での活躍を希望するなら、
アパレル産業の生産プロセスの中で、パターンメーキングが最重要の技術である事は、
ご理解いただいていることだと思います。
プレタポルテであっても、オートクチュールのような一点製作の場合でも、
最終的に「良い服」「良い商品」ができるかどうかは、パターンの良し悪しにかかって
くるのです。この検定試験は、ファッション教育機関で学んでいる学生が、
習得したパターンメーキング技術・能力を、基準に基づき厳正に評価し、
「社会・企業に証明」できるようにするために実施するものです。

 

  • 日本洋裁技術検定協会が行う資格(初級・中級・上級)

 

  • 全国専修各種学校総連合会が行う資格

    「服飾分野専門士」称号取得

 

  • 専修学校服飾准教員認定

関連記事

就職実績

201411/7

就職実績

当校の卒業生の主な就職実績(一部抜粋) イトキン(HIROKO KOSHINO/MICHEL KLEIN/cou…

ページ上部へ戻る